栗原はるみさんのレシピ 9月1日【朝イチ ゴハンだよ】シャキシャキもやしの春巻きの作り方。

あさイチ

2020年9月1日放送の「NHKあさイチ」~みんなで! ごはんだよ」で、カリカリもやし春巻きのレシピが放送されました。

人気料理研究家の栗原はるみさんが、この春巻きの作り方を教えてくれます。

 

春巻きのタレにもやしを入れることで、シャキシャキとした食感がさらに美味しくなります。

生春巻きはフライパンで揚げるので、油はあまり必要ありません。

栗原はるみさんの生春巻きには、酢醤油とスイートチリソースの2種類のソースがかかっています。

 

シンプルなのに、もやしのシャキシャキ食感が際立つ!

はるみさんのおすすめは、丁寧に作られた極上メニューです。
材料 【10本分
もやし 2袋(400g
エビ(頭なし・殻付き)14尾(正味160g
塩少々
春巻10巻
揚げる油の量
パクチー、お好みで。
スイートチリソース(適宜
紹興酒(またはお酒)大さじ1/2
塩 小さじ1/2
胡椒少々
ごま油 大さじ1
<水溶性の小麦粉を使用します。
小麦粉 大さじ1
水 大さじ3/4
<ビネガー醤油
必要に応じてラード油
お好みで酢
薄口醤油でお好みで
生姜 少々、千切り
作り方 【調理時間:25分

もやしは泡立てた根を取り除き、沸騰したお湯で1~2分ほどさっと茹でる。ザルに入れて水気を切り、氷水に浸して冷ます。パーチメントで包み、よく絞る。
しっかり絞ってももやしの食感が残るので、できるだけ水分を取りましょう。ペーパータオルは破れやすいので、布巾がおすすめです。
エビは皮を剥いて尻尾を取り除き、もやしと同じくらいの大きさに切ります。
ボウルにエビと<A>を入れてよく混ぜる。全体が混ざったら、もやしと塩少々を加える。
春巻きの皮の片面に[3]の1/10を巻いて(両面に気をつけて)、最後に水をかけた小麦粉で固定する。
フライパンに深さ1cmほどの油を180℃に熱し、春巻きを入れて上下を返しながらカリッとするまで3分ほど揚げる。
最初は皮が柔らかく破れやすいので、固まるまで触らないようにしましょう。
ソースを作る。ボウルにラード油、酢、薄口醤油、生姜の千切りを入れて混ぜ合わせます。スイートチリソースも別のボウルに入れます。
皿に生春巻きを盛り付け、カリカリを添える。お好みのタレをかけながらお召し上がりください。
* 電子レンジを使用する場合は、特に断りのない限り600Wを使用し、500Wで1.2倍、700Wで0.8倍にしてください。

 

おいしさアップ!アレンジいろいろ

きくらげやもやしを入れても美味しくいただけます。しっかり炒めると中身に火が通っているので、炒める時間を短くすることができます。お好みでマスタードや醤油につけてもいいですね。

料理のコツ

調味料の量はお好みで調整してください。
水に溶いた片栗粉の場合は片栗粉1に対して水2の割合で、水溶性の薄力粉の場合は薄力粉1に対して水1の割合で作ってください。

もう一つアレンジして良いのは、チューブタイプのすりおろし生姜です。量は小さじ1くらいでお好みの味に調整してくださいね。美味しい仕上がりになりますように。

 

タイトルとURLをコピーしました